スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東オングル島にルッカリー? 

2017, 11. 17 (Fri) 00:00

先日数十羽のアデリーペンギンの団体さんが昭和基地のすぐ目の前にやってきました.
その後,目的のルッカリーへと向かったものだと思っていたのですが,どうやら一部のペンギンが未だに東オングル島にいるとの噂.
しかも巣を作っているということで見に行ってみました.
場所は地学棟から歩いて数分以内.
IMG_2708_1.jpg
なんと新しく建てている基本観測棟のすぐ近く.
この日のペンギンは14羽.
一人者もいるけど,ペアもいて巣も作っていました.
これはもしかしてここで子育てするかも!?
今後の動向に注目です.

そのルッカリーの背後の基本観測棟では着々と建築準備が始まっています.
IMG_2725_1.jpg
本日は建築隊員が足場の組み立て中でした.

【11月16日12時の天気】
気温:-1.1℃,風向:N,風速:2.0 m/s,気圧:980.6 hPa,天気:晴れ
スポンサーサイト

南極大陸氷床上GNSS観測装置撤収 

2017, 11. 03 (Fri) 00:00

11月1日-2日,8月末に設置した南極大陸氷床上のGNSS観測装置の撤収に行ってきました.
今回は気水圏の雪尺観測とS17航空拠点の発電機整備との合同オペレーションでメンバーは4名.
雪上車2台でまずは大陸への上陸口であるとっつき岬へ.
そこから雪尺観測チームと機械&地圏チームにわかれて行動開始.
1日目は発電機の整備,2日目のGNSS観測装置の回収という予定だったので気水チームと分かれてS17へと向かいました.
IMG_2572_1.jpg
(快晴とまでは行かないものの,ハロも見えて綺麗な景色)

S17の拠点は8月末よりもさらに積雪が増えていました.
IMG_2589_1.jpg
機械室へ入るのも一苦労.
S17の周辺にある地震・インフラサウンドの観測点も相変わらず雪の下.
IMG_2559_1.jpg
今度の夏にはこれらの観測機材を掘り出す計画なので,一筋縄ではいかないのではないかと若干の不安を感じます・・・
今回は食料係を承ったので,1日目の作業はさっさと終えてご飯の準備をしました.
調理隊員からもらったレーションを温めるだけで簡単・美味しい食事のはずだったのですが,温めるだけと言えど限られた道具で湯煎で全部温めるのは難しい.
果たしてメンバーに満足してもらえたのかどうか.まだまだ修行が足りないみたいです.
2日目はいよいよデータ回収と機材の撤収.
設置時と変わらない様子で待ってくれていました.
DSCN1568_1.jpg
手際の良いメンバーのおかげであっという間に作業終了!
装置も停止直前まで動いていて一安心.
データは日本に持ち帰ってからの解析(測地の研究者が解析)となる予定です.

IMG_2633_1.jpg
(今回のオペレーションメンバー@S19)
ミッションコンプリート!

【11月02日12時の天気】
気温:-13.3℃,風向:WSW,風速:2.8 m/s,気圧:987.6 hPa,天気:快晴

ユキドリ調査 

2017, 11. 01 (Wed) 00:00

10月30日-31日の旅程でラングホブデ雪鳥沢に行ってきました.
今回は地圏の観測ではなく,生物チームの「ユキドリ調査」のお手伝いです.
IMG_2335_1.jpg
海氷上を進む雪上車.海氷上は風で大陸から飛ばされてきた砂が乗り茶色っぽい.正面に蜃気楼が見えている.

ユキドリは厳冬期は暖かい場所へ移動していて,ちょうどこのくらいの時期に子育てのために雪鳥沢の巣に戻ってくるそうです.
今回は前回の夏に取り付けたロガーの回収と新たにGPSロガーを取り付けるのがミッション.
巣の見回りをしてユキドリたちはまだ戻ってきてないと諦めかけたその時,やっと帰ってきているユキドリを見つけました.
IMG_2400_1.jpg
真っ白なユキドリ.このあと捕獲してGPSロガーを取り付けました.

帰りに立ち寄ったペンギンルッカリーにもペンギンたちが続々と戻ってきていました.
IMG_2482_1.jpg
袋浦のルッカリーに戻ってきているアデリーペンギンたち.

こうして動物たちがもどってくると夏を感じます.

【10月30日12時の天気】
気温:-10.5℃,風向:S,風速:3.1 m/s,気圧:985.2 hPa,天気:快晴
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。