お誕生日会とお花見 

2017, 04. 24 (Mon) 07:51

先週末は4月のお誕生日会とお花見でした.
昭和基地では(今のところ)月ごとに誕生日を迎える人のお祝い会を催しています.
4月は日本ではお花見の季節ということでお花見をしながらの誕生日会となりました.
お花見と言っても,もちろん本当の桜があるわけではありませんし,南極にはそもそも生花自体がありません.
各隊で工夫してお花見を行っているようですが,58次隊では日本各地の名所の桜の写真と隊員が夜な夜な手作りした枝垂れ桜を見ながらのお花見となりました.
もちろんお花見弁当付き!
飲めや歌えの大盛り上がりで賑やかなイベントとなりました.

IMG_7623_1.jpg
お花見に合わせて満開となった枝垂れ桜

IMG_7650_1.jpg
調理隊員作成,とってもオシャレなお花見弁当

昭和基地は現在,日の出は8時半過ぎ,日の入りは16時過ぎです.毎日約8分ずつ日が出ている時間が短くなり,どんどんと極夜が近づいています.

【4月22日12時の天気】
気温:‐6.2℃,風向:東北東,風速:22.1m/s,気圧:971.3hPa,天気:地吹雪
22日の最大瞬間風速:30.4m/s
外出注意令発令(翌朝解除)

晴れた日に 

2017, 04. 15 (Sat) 21:57

4月14日,キリッとした空気に青空が広がりました.
朝からどんどん気温が下がって,58次隊の活動が始まって以来初の-20℃を下回り,-22.1℃を記録しました.
日本国内でも北海道なら珍しくない気温かもしれませんが,西日本育ちの私は初体験.
寒い!痛い!と思いながらも南極らしい気候を楽しみました.

寒い・風が弱いとくればやってみたくなるのがシャボン玉.
童謡では屋根まで飛ぶシャボン玉ですが,寒いと凍って落ちてくる(そして地面を転がる)らしいです.
さて,実験の成果はいかに・・・

DSCN1374_2.jpg
透明な玉が凍ったシャボン玉

色々条件があるらしく更なる探求が必要ですが,いくつかはそのまま凍って地面に落ちました.

DSCN1375_1.jpg
直径5cm程度の少し大きめのシャボン玉

よくよくみると表面に結晶の模様が見えました.写真には撮れなかったけど6角形の綺麗なものも.

DSCN1376_2.jpg
突然風が吹いて目の前で割れてしまったシャボン玉

詳細を近くで見るべく雪の上を転がりながらシャボン玉を楽しみました.端から見たら完全に怪しい人ですね(笑)
知ってはいても実物を自分の目で見るのは新鮮で楽しかったです.
次回はしっかり防寒してもっとしっかりとした氷の玉を作りたいと思います.

【4月14日12時の天気】
気温:-19.5℃,風向:N,風速:3.9m/s,気圧:980.3hPa,天気:晴れ

オーロラ 

2017, 04. 11 (Tue) 21:41

昭和基地はオーロラ帯の下にあり,宙空隊員によりオーロラ観測も行われています.
最近は晴れの日が少ないのでなかなか出会えませんが,先日は雲の隙間からとても明るいオーロラが見えました.
「オーロラが綺麗だよ」という隊員の情報をもとにカメラを持って外にでるのですが,時々刻々と変化するので準備して外に出たときには既に薄くなっているなんてことも多々あります.
そうなってしまうと私の腕とカメラスペックだとこの程度・・・

IMG_0622_1.jpg
風力発電とオーロラ

晴れた日の輝く星空とオーロラを撮って帰るのが越冬中の目標の一つです.
でもやっぱり揺れ動くオーロラを目で見るのが一番!

【4月11日12時の天気】
気温:-5.6℃,風向:NE,風速:13.9m/s,気圧:975.3hPa,天気:吹雪

ブリザード? 

2017, 04. 06 (Thu) 22:54

お久しぶりです.
しっかり記事を書こうとネタを抱え込んで全然更新が進まないので,どうでもいいことでも頻繁に書き込んで南極での日々の生活を発信していくことにします.

越冬隊だけの生活が始まって早1ヶ月半.
幸運にも天候に恵まれた日々が続いていましたが,ここ最近は青空を見ることが少なくなりました.
土ばかりだった昭和基地も雪が積もり始めています.

昭和基地20170323
2017年3月23日撮影

4月3日には風が強くなり地吹雪となりました.
昭和基地ではブリザードを視程・風速・継続時間によって3つの階級に分けています.
視程:100m未満,風速:25m/s以上,継続時間:6時間以上⇒A級
視程:1km未満,風速:15m/s以上,継続時間:12時間以上⇒B級
視程:1km未満,風速:10m/s以上,継続時間:6時間以上⇒C級
ブリザードは全ての条件が満たされた時だけ認定されます.
実はタイトルに「?」がついているのは現時点ではブリザードと認定されていないからなのです.
というわけでブリザードなのかわからないのでここでは猛吹雪と呼んでおきましょう.
4月3日~5日にかけての猛吹雪は最大瞬間風速38.9m/s,最大平均風速30.7m/sを記録しました.
このように吹雪になると「外出注意令」(場合によっては外出禁止令)が発令され,屋外の建物間の移動が制限されます.
移動の場合は必ず2名以上で,各建物を出る時と到着した時に通信室に無線で連絡をする決まりです.
20m/sを越える風速の中での移動はなかなか大変でした.

昭和基地20170403
2017年4月3日の昭和基地

建物間の移動ではホワイトアウトで遭難することがないように,建物間にはってあるロープと自分を繋いで移動します.
これはかつて起きた事故の教訓です.

4日の移動の様子はこちら
2017年4月4日移動の様子(youtube)

【4月6日12時の天気】
気温:-4.2℃,風向:SW,風速:1.1m/s,気圧:987.2hPa





昭和基地に到着 

2016, 12. 30 (Fri) 04:26

12月28日,1年10ヶ月ぶりに東オングル島の地を踏みました.
日本の代表基地である昭和基地があるのが東オングル島です.
ヘリコプターが飛べる場所までしらせが近づくと多くの隊員はヘリコプターで東オングル島のヘリポートに降り立ちます.
私は昭和基地に入る前に南極大陸の観測点での作業を予定していたので,しらせからスカルブスネス,スカーレン(どちらも地名です)に行き,それぞれでテント生活をしたあとに昭和基地に入りました.
昭和基地は久しぶりなはずなのにまるで昨日までいたかのような感覚です.
日本では年末年始のお休みの時期ですが,こちらではこれから観測活動が活発になります.
ここのところ忘れ物もちらほら発生しているので,年明けからの観測では少し気を引き締める必要がありそうです.

それでは皆様,よいお年を.

※スカルブスネス・スカーレンでの観測の様子は後日改めてアップします.